玉座の記憶

古川典裕、9年ぶりのオリジナル・アルバム!
2001年発表の「階段をどこまでも降りて行こう」以来、沈黙を守ってきた
古川典裕が、「栄枯盛衰」をテーマに各楽曲を構成、一つの「時代」を
大胆に描き出している。

ボーナストラックにはラジオ体操第二のオーケストラアレンジを追加収録!
渋い世界観をとことん追求した楽曲群に、存分に酔いしれるべし!



1 扉絵の向こう側
2 顔のない街で
3 追究者
4 冷ややかな瞳
5 虚構と至福
6 禁じられた飛翔
7 炎舞踏
8 破竹
9 王座の記憶
10 月
11 遠くの街のあの人に
12 第二の嵐 「ラジオ体操第二」より

この商品を買った人はこの商品も買っています

おすすめ商品